読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん歩、また旅 写真録

拙い写真ブログです。

名栗湖~山間の湖を歩く~

さん歩、旅 埼玉県

f:id:Sanpomatatab:20160304004022j:plain

 

f:id:Sanpomatatab:20160304001823j:plain

 

2月12日、埼玉県飯能市、名栗湖にやって来ました。

 

f:id:Sanpomatatab:20160304001810j:plain

飯能駅から国際興業バスに乗り込み、さわらびの湯で下車。

飯能駅についた時には曇っていましたが、いつしか青空に変わっていました。

それでは、さわらびの湯バス停前から名栗湖に向けて歩みを進めましょう。

 

f:id:Sanpomatatab:20160304004030j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160304010216j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160304010245j:plain

ちらほら雪が残っていますが、そこまで寒くはありません。

 

f:id:Sanpomatatab:20160304235503j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160304235648j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160305005527j:plain

標識の通り歩くこと5、6分といった所でしょう。

有馬ダムこと名栗湖に到着。 

 

f:id:Sanpomatatab:20160305010631j:plain

 抜けるような青空と、静かに佇む山々に目を奪われ、

水面を吹き抜ける風に耳を奪われました。

 

f:id:Sanpomatatab:20160307003442j:plain

名栗湖の奥に見える山々には雪が積もっているのがわかります。

 

この先に行きたかったのですが・・・

f:id:Sanpomatatab:20160307003737j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160307210824j:plain

なんと通行止め・・・!

車止めなのか徒歩もダメなのか分からなかったので立ち入りませんでした。

写真も散策も安全第一なのです。

 

f:id:Sanpomatatab:20160307211255j:plain

悔しかったので、通行止が目立つように撮影。

 

f:id:Sanpomatatab:20160307211312j:plain

そして、悔しかったので通行止を被写体にして撮影。

 

f:id:Sanpomatatab:20160307224925j:plain

さて、落ち着いたので周辺の写真を撮りながら、

赤いまるを付けた地点、カヌー工房まで歩きましょう。

 

f:id:Sanpomatatab:20160307230302j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160307230528j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160307230622j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160307231523j:plain

だんだんと雪山に近づいてきた気がします。

まぁ、気がするだけで実際はかなり距離があるのでしょうが・・・

 

f:id:Sanpomatatab:20160307232334j:plain

カヌー工房に近づいてきました。

工房の関係者の方でしょうか、何か作業をされているようです。

 

f:id:Sanpomatatab:20160307232515j:plain

どうしても背景に雪山を入れたかったのでもう一枚。

実際は、時間を忘れて何十枚も雪山ばかり撮影していました。

 

さて、残すところあと少ないですが、ラストスパートです。

f:id:Sanpomatatab:20160307233400j:plain

f:id:Sanpomatatab:20160307233545j:plain

大きい岩が落ちてきたのかと思います、フェンスが押しつぶされていました。

 

f:id:Sanpomatatab:20160307235452j:plain

カヌー工房に到着。

 

f:id:Sanpomatatab:20160307235646j:plain

そのまま一度通り過ぎて赤岩橋から撮影。

カヌー工房まで戻り、数枚撮影しようと考えていたのですが、

気が付くと帰りのバスの時間が残り20分と迫っていた事に気が付き、

これ以上の撮影は断念、歩いてきた道を走って戻ることとなりました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

さわらびの湯バス停からカヌー工房まで、撮影時間を含め大体40分の道のり。

通る車も少ないので時間を忘れて自然を満喫することができました。

が、時間を忘れたせいで走ってバス停まで戻り汗だくに。。。

帰りの時間までしっかり計画しておかなければいけませんね。

今回は此処まで。

ご訪問、ありがとうございました。

それでは、また。